生きてくだけで息も絶え絶え

人並みの生活って大変だ

写真

どうも、よこおって言います。

 

 写真を再整理した。パソコンの脇にコルクボードを立てたので、そこに貼るものを6枚。出先やふとした時に気を鎮める為にフォルダリングするものを数枚。できれば友人たちの写真もすぐ見れるところに出しておきたかったが、それは追々プリントしようと思う。

 コルクボードを立てたことで、視界が狭くなった。それにより2点、いいことがある。まず1点目は、周囲の視線が遮られるようになったこと。向こう側からこちらが見えている可能性は低い(というか画面だけでいえば絶対に見えない)のだけれど、チラチラと人が動く気配だったり、見られている感覚が伝わらないだけで随分と気が楽になった。2点目は、パソコン周辺が明るくなったこと。アルミラックの中段を作業机にしているが、両サイドから光が逃げている感じだった。そこに1枚ボードが立つことで、反射していくらか明るくなった(気がする)。

 様々問題がある部屋だが、少しずつ自分の暮らしやすいようにしていければと思う。いつか記録として、写真を掲載できればいい。明日はついに初の認定日だ。はやく寝よう。

 毎日が少しずつ、いい日であるといい。